中小企業診断士取得方法

現在ビジネスマンの間で人気を高めている資格が中小企業診断士です。

日本の企業の9割以上を占めている中小企業の経営状態を調査し、業務改善のためのアドバイスなどを行うことができる資格です。

ビジネスマンが取得し、資格手当や昇進などスキルアップに役立てるケースが増えています。

この試験は選択式・短答式の1次試験と筆記試験・口述試験の2次試験に分かれています。

合格率は17〜20%程度。

それほど難易度が高い資格ではありません。

合格者の多くは30代の働き盛りのビジネスマンが占めており、相応しい勉強をすれば決して資格取得は不可能ではないということになります。

では、資格を取得するためにはどのような学習方法が求められるのでしょうか。

よく言われるのが独学かスクールに通うかの選択。

スクールに通うほうが適しているといいたいところですが、30代のビジネスマンとなると仕事も充実、なかなか通学に時間を割くことができないものです。

ですから通信講座などを活用しながら自分のペースで勉強する方が勉強しやすいという面もあります。

これは労働環境などを踏まえながら選択をすることになるでしょう。

ただ、完全な独学はやはり難しいという意見が多くを占めています。

スクールと独学をうまく組み合わせた勉強法が求められるようです。

資格取得者の7割が専業ではなくビジネスマンとしてその資格を活かすという選択をしています。

スキルアップはもちろんのこと、勉強を通して自己啓発や自信をつけるという意味合いも持っている資格といえるでしょう。

それだけに効率のよい勉強はもちろん、毎日コツコツと勉強し、成果を積み上げていくことが地道ながら最大の取得方法となるのではないでしょうか。