元金均等返済って何?

住宅ローンの返済方式には、「元金均等返済方式」と「元利均等返済方式」のふたつの方式があります。

元金均等返済方式とは、住宅ローンの元金の部分を返済回数で割った金額に元金残高を元にして算出した利息を上乗せして返済金額を決め、元金部分を返済していく方式のことです。

元金均等返済方式は、借入総額を支払い回数で割るという方式ですから、毎月の返済額が一定ですから、住宅ローンの利用者の経済状態にあわせた毎月・ボーナス月の支払い額を決めることがたやすくて、支払総額と定期返済額から支払い回数を割り出すのも簡単です。

毎回の支払支払い回数が進むにしたがって、利息が減っていく分だけ少なくなっていきます。

住宅購入時の当初予算が十分に準備できるのであれば、有利な支払い方式だといえます。

毎回の返済額の定額部分が元金の返済に充てられますから、毎回確実に元金が減っていくといメリットがあります。

元金が減るため、それを元に算出される利息も毎回減っていくのです。

結果的に、元利均等返済方式よりも返済総額が少なくなります。

いいことづくめの元金均等返済方式ですが、元利均等返済方式の方が一般的なのは、元金残高を元に毎回の利息が決められますから、住宅ローンのように借入金額が高額な場合は、ローン当初の支払金額がかなり大きなものになります。

そのため、毎回の返済金額に対する総返済負担率に見合うだけの収入がないと審査が通りみにくいという現実があります。

また取り扱っている金融機関もそれほど多くありません。