白髪と遺伝

白髪の発生には遺伝が関わっているという話をよく聞きます。

最終的に白髪になることはともかく、若白髪には個人差があります。

そしてその部分にこそ、遺伝が関わっていると言われているのです。

白髪についての研究の中で、白髪の発生には特定遺伝子の量が関係することがわかりました。

毛髪の根本にある毛球部のタンパク質FGFを作る遺伝子の量が減り、働きが低下します。

しかし遺伝子によって決まるとは言え、白髪を防ぐことができないというわけではありません。

白髪対策・予防をすることによって、白髪の発生を最小限にすることができるのです。

遺伝によって決まるのは、あくまでも白髪になりやすいかどうかです。

もしも白髪になりやすい家系だとわかっているのなら、人並み以上に白髪予防を心がけるようにしましょう。

白髪にはさまざまな原因があります。

それは食事から来る栄養バランス、生活習慣、タバコなどの嗜好品の使用などです。

ここまで原因がわかっているのなら、後はどうすれば良いのかは自然とわかってくるはずです。

血行を良くするために、頭皮のもみほぐしも有効なので、色々な白髪対策を試してみてください。

白髪になりやすい遺伝子が自分にあるとわかっても、悲観してはいけません。

自分に出来る範囲から、人よりも多く白髪対策をしていけば良いだけの話です。

早い段階から白髪染めに頼るのも1つの選択肢ですが、できるだけ白髪の発生を遅らせる方向で頑張る方が、髪のためになるので覚えておきましょう。